マークの画像を自由に変更できるスクリプトです。 【仮の用語】 ・ターゲット(Target)  針が回転しているアイコン(白黒) ・マーカー(Maker)  飛んでくるアイコン(色付き) 【PPDEditor起動前の事前準備】 ・preset_parameters\内の2つのファイルを、\KHC\PPD\preset_parameters\にコピー ・Resource\Image\内のPNGファイルを、(曲名)\Resource\Image\にコピー ・MarkGraphicChange.fsmlを、(曲名)\(難易度)_Scripts\にコピー 【使い方】 ・PPDEditorを起動し譜面を開きます。 ・変更したいマークを選択し、右クリック→パラメーター→(TargetGraphicChange1/MakerGraphicChange1)にチェックします。 ・元に戻したい時は再度同じ操作をします。 ・EditorからPPDを呼び出して確認します。(ゲームウィンドウでは変わりません) ターゲットは赤い画像、マーカーはグレースケールのものを仮画像として同梱しています。 画像を適当なグラフィックソフトで書き換えれば違う画像に変えられます。 変更後もファイル名はそのままにしてください。 ※注意 同時押し、及びスライドは設定しても変わらないです。 【複数の画像パターンを使う方法】 使用したい画像を別途作成し、ファイル名末尾の番号を2~に変更してResource\Image\に追加することで、複数の画像が使用可能です。 ※ターゲットの画像を増やす場合はjiku(軸)画像も追加してください。 ファイル名「Circle」等のマークの種類に続く文字列の命名規則は以下の通りです。 ・「C」=マーカー ・「N」=ターゲット(通常) ・「H」=ターゲット(HOLD) ・末尾は画像番号 作成した「2」以降の画像をPPDEditorで使用する場合は、右クリックからパラメーターを追加したあと、「プロパティウィンドウ」の「編集」から、手動で値を「2」に変更してください。 ※「2」に変更したあとは、そのまま「プロパティウィンドウ」の「プリセット」→「保存」でpreset_parametersにショートカットとして保存できます。 (一度保存すると右クリック→パラメーターから使用可能になります) アイディア次第で譜面の見た目を大きく変えることが出来るかと思います。 画像の制作にはフリーソフトの「GIMP」がおすすめです。
2016-09-09 20:44:39 投稿
DL数
166
選択範囲のノーツを全てホールドにするコマンドです。 id、パラメータは引き継げないので注意です。 通常譜面では使用非推奨。 スクリプトのスコープ部分を変更で長さ?が調整できます、気になる場合にどうぞ 16/10/04 不具合を修正。 L及びRの挙動を変更。 LとRはエディタとほぼ同じ挙動をするようになりました。 エディタと異なる点は、選択範囲内をまとめてスライドに出来ることです。
2016-08-19 08:21:53 投稿
DL数
148
角度を線形補間するエディター用コマンドです。 エディターで360度を跨いで反時計回りの線形補間した際、うまくいかない問題を解消するためのものです。
2016-06-15 20:11:23 投稿
DL数
74
パーフェクト時にエフェクトを表示し、任意のスコアを加算するちゅん(・8・) 親の敵のように捨てルートがキライな人は、使うと幸せになれるちゅん(・8・)!
2015-04-16 01:42:10 投稿
DL数
234
選択中のレイヤーの全てのマークから、特定のパラメーターのプリセットを削除するコマンドです。 スクリプト中のコメントのある箇所を好きなプリセット名に変更してください。 マスター作のApplyParameterPresetCommandを元に作りました、いわばそれと逆の動作をするコマンドと思ってください。
2015-03-29 19:11:51 投稿
DL数
63
曲終了後、4キー全押し1秒間することですぐにリザルト画面に行けるようにするスクリプトです。余韻長い、でも入れたい、という時にどうぞ。 スクリプト内1箇所設定項目(閉店コマンドを受け付け始める時間)があります。特に全押しHOLDで強制終了しないように注意して設定してください。
2015-03-23 22:18:57 投稿
DL数
70
YuさんのACLifeを勝手に改良しました そしてたまごふらい名義で公開してくれって言われました 同時押しでのライフ増減を同時押し一塊ごとに行うように修正してあります。完全にACと同じ増減になってるはず おまけでJson対応版と、同時押し1つで1コンボとカウントされるスクリプトが入ってます。 15/03/15 1ComboEach: ACSkinの達成率がおかしくなりそうなので修正 しばらくするとYuさんがACSkinを更新してくれ...南無 15/03/18 ACLife: COOL増分が1以下だとLifeBonusが入らない不具合を修正 15/04/29 ACLife: Json版にライフ初期値を変更する機能を追加 ACLife.jsonが変更されているのでご注意ください  ついでにBaseで落ちる不具合を修正 15/05/01 ACLife: WRONGとWORSTを同時に出すとエラーが出る不具合を修正
2015-03-15 20:10:26 投稿
DL数
726
ライフゲージをグルーブゲージっぽいものに変更するスクリプトです。 曲途中での閉店はなくなりますが、曲終了時にクリアボーダーを下回っていると強制閉店となります。 新ACSkin0.6.4以上でプレイすることを強く推奨します。modなしや内臓のACSkinでもプレイ自体は可能ですが、表示が崩れます。 初期記述がめんどくさかったのでYuさんのACLifeの一部をお借りしました。 15/02/25 Rev1 15/02/26 Rev1.1 設定項目微修正、リソースのフォルダ構造修正 15/02/26 Rev1.2 特定状況下において新ACSkinおよびLifeBonusスクリプトのボーナスが加算されない不具合の修正 15/02/27 Rev1.3 Rev1.2の更新で途中閉店するようになった不具合の修正 15/02/28 Rev1.4 レイテンシ調整により終了時閉店をかいくぐれる不具合の修正
2015-02-25 01:57:07 投稿
DL数
134
譜面に成功演出を追加することができます。 できること 本家と違い複数ノーツ(連続でなくともよい)に指定し、すべて叩けたときのみ指定したラストノーツで演出を出すことも可能です。 映像を分岐させるのは難しいのでスコアボーナスを実装しています。もちろんボーナスを抜くこともできます。 通常COOL/FINE判定で成功ですが、COOLのみにすることもできます。 ※エフェクトのファイルサイズが大きいので打鍵音を複数使う場合は容量に注意してください。(譜面容量が3MBを超えると投稿できません) 導入法 ・同梱の「Success.fsml」をPPD\Projects\曲名\(難易度)_Scripts フォルダにコピーします。 (複数の難易度に適用させたい場合は全てのフォルダにコピーします) ・初回のみ同梱のSuccess.xmlをPPD\preset_parameters フォルダにコピーします。 ・Imageフォルダ内のPNGファイル1つをPPD\Projects\曲名\Resource\Image フォルダにコピーします。 ・Effectフォルダ内のetdファイル2つと同名のフォルダ2つをPPD\Projects\曲名\Resource\Effect フォルダにコピーします。 ・Soundフォルダ内のoggファイル1つをPPD\Projects\曲名\Resource\Sound フォルダにコピーします。 ・PPDEditorを起動して譜面を開き、スクリプトマネージャからSuccessをダブルクリックで開きます。 (何も見えない場合は、右クリック→表示領域を合わせる) ・左側中央部にある虹色ノーツの総数、ボーナススコア、評価判定の調整をそれぞれ入力します。  虹色ノーツ総数は同時押しの数も含みます。(4同時なら4カウント)  ボーナススコアは0を入力すれば、ボーナスなしになります。(デフォルトでは10000点にしてあります)  評価判定はデフォルトでは通常通りCOOL/FINE判定で成功になってます。 ・PPDEditor上で指定したいノーツにパラメーターでSuccessにチェックを入れてください。 ※エディター上で確認するとき虹色指定ノーツの直前から開始するとエラーが出ます。  必ず1小節程度あけて指定ノーツが画面に出現していない状態から再生してください。 Special Thanks !  スクリプトアドバイザー Yuさん たまごふらいさん  SUCCESSエフェクト作成 ねめさん   15/02/11 ver1.0公開 15/02/16 スクリプト内で指定してるファイルのミス修正
2015-02-11 21:40:34 投稿
DL数
511
  任意の難易度の譜面を一定の条件下でのみプレイ出来るようにするスクリプトです。 例えば、難易度「HARD」をGreat以上の評価でクリアしないと、 難易度「Extreme」を強制ゲームオーバーにさせることが出来ます。 難易度解禁条件を満たした時には特定のエフェクトが流れます。 【使い方】 ・Great以上で解禁 ・Excellent以上で解禁 ・Perfectで解禁 の3つのスクリプトがあります。 使用したい条件のフォルダ内のスクリプトのみを使用します。(2種類) 「DifficultyRelease_x.fsml」は未開禁にしたい難易度のScriptsフォルダにコピーします。 「DifficultyRelease_Target_x.fsml」は解禁対象の難易度のScriptsフォルダにコピーします。 EffectとSoundをResourceフォルダ内にそれぞれにコピーします。 PPDEditorでスクリプトを開き、該当の箇所を変更します。 色の付いている所が変更可能な箇所です。 ▼DifficultyRelease_x.fsml ・未解禁メッセージ表示時間  デフォルトで3秒になっています。  未解禁時には、この秒数だけメッセージが表示されます。 ・どの難易度の結果を見るか  デフォルトでExtremeになっています。  解禁対象の難易度を選択してください。 ※解禁対象の難易度を変えた場合は、未解禁メッセージも適当に変えてください ▼DifficultyRelease_Target_x.fsml ・解禁メッセージの表示時間  初回のみ、解禁メッセージのエフェクトが発生します。  最終ノーツ終了後の時間を入力してください。 難易度「EASY」に、より高難易度な譜面を置く場合は、 難易度マークを変えるスクリプト [script id:5a5804fabd0a554a8b861a7b5e8a1e98] を併用するとより効果的です。   更新履歴 2015/02/01 V1.1 ・未解禁難易度のライフ強制マイナス値を1500に変更  (メッセージ表示中にノーツを叩けてしまう譜面があるため)
2015-01-30 23:37:04 投稿
DL数
110

スクリプト ランキング